• ホーム
  • 同窓会について
  • 会長挨拶
  • 役員紹介
  • 会則
  • 沿革
  • お知らせ

沿革

1902
(明治35年)
関西商工学校 創立
1907
(明治40年)
大阪大倉商業学校 創立
創立と同時に校友会が組織され、「浪華津」(会報)が発行される。また、関西商工学校校友会が組織され、「校友曾誌」の発行を開始。その後、同窓会員数の増加に伴い校友会活動も活発化する。
history_ph_1907
1925
(大正14年)
大阪大倉商業学校、校友会より同窓会が独立。
第一回同窓会総会が開かれ、同窓会報創刊号(月刊)が発行される。
1927
(昭和2年)
大阪大倉商業学校、同窓会を「如蘭会」と命名し、同窓会報を「如蘭会報」と改題する。 history_ph_1927
1928
(昭和3年)
関西商工学校、同窓会有志により平賀義美校長の胸像を鋳造し、校舎(大淀校舎)前に建立、除幕式をあげる。 history_ph_1928
1932
(昭和7年)
大阪大倉商業学校、母校創立25周年を記念して謝恩会を組織し、卒業生より寄付を募る。集まった拠出金で安場禎次郎校長の胸像を鋳造し、母校に寄贈する。 history_ph_1932
1954
(昭和29年)
大阪大倉商業学校、休止状態だった同窓会活動が再開され、第一回会合が開催される。
「安場禎次郎先生小傳」刊行。
1956
(昭和31年)
校友会を「大仁会」と命名
関西商工学校、校友会が母校で開かれ、校友会を「大仁会」と命名する。
1957
(昭和32年)
関西大倉同窓会 発足
関西大倉高等学校卒業生を会員とする関西大倉同窓会が組織され、第1回総会が開かれる。
1963
(昭和38年)
茨木移転
母校の茨木移転を祝し、体育館舞台に緞帳を寄贈する。
1968
(昭和43年)
大淀の旧校地を記念する顕彰碑の建立
同窓会有志により大淀の旧校地を記念する顕彰碑が建立され、除幕式を挙行する。場所の関係により旧校地の近くの八阪神社境内に建てられる。
1972
(昭和47年)
創立70周年記念碑 除幕式
如蘭会総会において、関西商工・大阪大倉・関西大倉の三同窓会合同と如蘭会解散の決議がされる。母校創立70周年に際し、三同窓会より各100万円を拠出し、創立70周年記念碑を建立、除幕式を挙行。三同窓会による「母校の思い出」が刊行される。
1973
(昭和48年)
関西大倉同窓会 発足
関西商工・大阪大倉・関西大倉の三同窓会合同の新同窓会第一回同窓会総会が開かれ、名称を関西大倉同窓会と決定される。
history_ph_1973
1982
(昭和57年)
母校創立80周年に際し、大阪大倉商業学校創設者大倉喜八郎翁の胸像を鋳造し建立。 history_ph_1982_1
1984
(昭和59年)
大倉喜八郎翁創立の大韓民国(ソウル)の善隣商業高等学校(善隣インターネット高等学校)総同門会と関西大倉同窓会が姉妹結縁を締結する。その後、両校教職員・同窓会会員による相互訪問が行われる。
旧如蘭会により、北区中之島(旧常安町)の旧校地跡に記念碑が建立される。
history_ph_1984
history_ph_1968
1987
(昭和62年)
関西商工学校、大阪大倉商業学校、関西大倉高等学校 三同窓会合同の「同窓会名簿」を発行。
1992
(平成4年)
母校創立90周年祝賀会開催する。三同窓会合同の「同窓会名簿」を発行。 history_ph_1992
1998
(平成10年)
新制関西大倉高等学校創立50周年祝賀会開催 history_ph_1998
2000
(平成12年)
「関西大倉同窓会報」(年刊号)に変わり、母校の広報を兼ねた新会報「サイカス」(年2回発行)を創刊する。
2002
(平成14年)
母校創立100周年祝賀会開催する。三同窓会合同の「同窓会名簿」を発行。関西大倉高等学校初代校長髙木美喜次先生の胸像建立。『100周年記念誌』発行。 history_ph_2002
2007
(平成19年)
記念誌『わが母なる学窓』(大倉喜八郎が生み安場禎次郎が育てた、日本実業教育界のパイオニア)を発行。
2012
(平成24年)
母校110周年を記念し、大淀校地跡地に記念石碑建立し、記念誌『関西商工界の父・平賀義美』を発行。
  • 同窓会会報CYCAS
  • 住所・登録情報の変更
  • 関西大倉中学校・高等学校同窓会事務局
  • 〒567-0052 大阪府茨木市室山2-14-1
  • 072-643-6321
  • info@kankura-dousoukai.jp
ページTOPへ